NUCのOSをFedora 27から28へアップグレードしてみた。

By | 2018年6月16日 , Last update: 2019年5月16日

はじめに

NUCを本業の合間にいじり倒している間に、Fedoraのバージョンが27から28に上がりましたので、アップグレードすることにしましたので、本記事ではそれについて書いていきます。

スポンサーリンク

Fedora 28へのアップグレードの手順

Fedora 27からFedora 28へのアップグレードは以下の手順で行います。

今回のアップグレードはxrdpで接続して、gnome-terminalを起動して必要な作業を行います。

  1. root権限で以下のコマンドを実行し、Fedora 27を最新の状態にします。
    # dnf update
    (出力は省略)

     
    Fedora 27をインストールしたのは比較的最近(2018年5月)だったような気もしますが、107個のパッケージがアップグレード、3個のパッケージがインストールの対象となりました。

  2. NUCを再起動します。メインのストレージがNVMe(こいつです↓)なせいか、再起動も非常に速いです。

    [2019/5/16 追記]新しいモデルが登場しているようです↓
  3. 再起動後、root権限で以下のコマンドを実行し、DNFのpluginをインストールします。
    # dnf install dnf-plugin-system-upgrade

     

  4. 以下のコマンドを実行し、アップグレードに必要なパッケージをダウンロードします。
    # dnf -y install system-upgrade download –releasever=28

     
    3.2GBのパッケージがダウンロードされるようです。ダウンロードはそれなりに時間がかかることもありますので、気長に待ちます。


  5. スポンサーリンク

  6. ダウンロードが完了したら、以下のコマンドを実行し、NUCを再起動します。
    # dnf system-upgrade reboot

     

  7. 再起動後にFedora 28へのアップグレードが開始されます。アップグレードにはダウンロードしたパッケージが使用されます。現在アップグレード作業を行っているNUCは通常はディスプレイを接続していませんので、アップグレード作業が成功裏に完了することを信じて待ちます。
  8. アップグレードが完了するともう一回システムが再起動します。これでFedora 28へのアップグレード作業は完了です。

アップグレード後の確認等

kernelのバージョン等の確認

kernelのバージョン等の情報は uname コマンドで確認できます。

[panda@nuc ~]$ uname -a
Linux nuc 4.16.15-300.fc28.x86_64 #1 SMP Tue Jun 12 00:42:35 UTC 2018 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

 

壁紙の更新

最初にServerとしてインストールしたせいか、壁紙が更新されませんでした。

そこで、root権限で以下のパッケージをインストールし、「設定」メニューで無理やり設定してしまいました。

  1. f28-backgrounds-base
  2. f28-backgrounds-gnome

以下のような感じの画面になります。gnome-terminalの背景色を半透明に設定しています。

かなりきれいです。(`・ω・´)

スポンサーリンク

まとめ

壁紙の更新が自動で行われないのは少々気になりますが、Fedora 28へのアップグレードが何とか完了しました。NVMe SSDが速いので更新作業に要する時間が大幅に短縮できて、楽ちんです。こういうところはもっと評価されても良いと思います。

しばらく使用してみて不具合が出るようであれば、対処法も含めて別の記事として書くかもしれません。

この記事は以上です。