Author Archives: panda

Fedora 33から34へのupgrade

By | 2021年5月5日

2021年4月30日にFedora 34が登場したので、自宅とさくらのVPSに点在する総勢4台のFedora 33のサーバ等を順番にFedora 34にアップグレードすることにしました。 例によってインストールに失敗してもダメージの少ない方から順番にアップグレード作業を行い、特に大きな問題が発生することもなくアップグレード作業を終了することができました。 毎度特に大きな問題が発生することなく終了は… Read More »

Blender 2.92.0とPython3でトーラスが伸びたり縮んだりする動画を作る。🍩

By | 2021年4月24日

はじめに Blender 2.80以降のバージョンはそれ以前のバージョンと比べていろいろと変わったと巷で噂になっていますが、Blenderが内蔵しているPython3を使ってトーラスをモデリングし、ついでに動画を作ってみることにしました。 Blender 2.92.0のインストール 今回のモデリングはWindows 10にBlender 2.92.0をインストールして作業していきます。 さっそく、… Read More »

東京ステーションホテルの「ブラン ルージュ」の春彩コースでいただく春の味覚🌸

By | 2021年3月30日

はじめに 3月27日にちょっと用事があって銀座に行くことになったので… #踊り子 4号で東京に向かいます。🚃えきねっとチケットレスサービスでチケットを買うとメールで購入記録が送られてくるだけなので頼りない感じですが、座席上のLEDは緑色のものが点灯してました。#lifeinyokohama pic.twitter.com/pLWqCkmMOA — pandanote.info (@Pa… Read More »

要素ごとに計算して理解する正規方程式。

By | 2021年3月27日

はじめに 機械学習の方面では超おなじみの線形回帰分析ですが、線形回帰分析といえば最小二乗法がほぼ定番で、最小二乗法といえば正規方程式がほぼ必ず登場します。 よって正規方程式も超おなじみなわけで、正規方程式の導出の方法についてGoogle先生に尋ねてみると、行列やベクトルを駆使しまくる方法やプログラムを教えてくれます。 しかし、この情報だけだと行列やベクトルの計算から一度離れて一周回って戻ってきた時… Read More »

Scala-2.13で直積集合を扱う。

By | 2021年3月6日

はじめに GUIのあるアプリケーションやWebのページのテストパターンの作成用に使えるかもしれなさそうなので、集合の直積を考え、その元の一覧を表示するためのプログラムをScala-2.13で作成してみることにしました。 直積集合とは? プログラムを書く前に、直積集合について調べます… 直積集合 – Wikipedia …つまり、そういうことです。 掛け合わせる集合の数が$n$で、それら… Read More »