Blender(version 2.78a)で大量のオブジェクトに簡単に表示/非表示のためのキーフレームを追加する方法

By | 2017年4月20日 , Last update: 2017年6月17日
スポンサーリンク

はじめに

現在、ちょっとしたCG動画を作成するためにBlenderのVersion 2.78aを使用しているのですが、少なくともこのバージョンでは、レイヤーにキーフレームを追加することができません。

いろいろと試してみた結果、以下の手順で操作するのがもっとも簡単な方法と思われますので、備忘録的に書いておきます。

操作手順

操作手順は以下の通りです。

  1. キーフレームを追加したいオブジェクトのうちの1つについてアウトライナーに設定を行う。
  2. プロパティシェルフの「シーン」タブをクリックする。
  3. 「キーイングセット」パネルの「ファイルにエキスポート」ボタンをクリックし、Pythonのファイルをエキスポートする。
  4. エキスポートしたPythonのファイルを書き換えて、すべてのオブジェクトを操作できるようにする。Pythonのプログラムに日本語が含まれている場合には、文字コードをUTF-8に変換する。
  5. ツールバーの「ヘルプ」の右側のプルダウンメニューから「Scripting」を選択する。
  6. 手順4で作成したPythonのファイルを読み込む。
  7. 「テキスト」→「スクリプト実行」を選択し、キーイングセットを追加する。
  8. 3Dビュー上で所望のフレームへ移動してから「I」を押し、キーイングセットに含まれるオブジェクトをキーフレームとして追加する。

本記事は以上です。