ロゴ動画(take2)を作ってみた。

By | 2017年7月15日 , Last update: 2017年8月18日

はじめに

Blender(2.78a)でポリゴンに動画を貼る方法がわかったので、勢いでロゴ動画を作ってみました。take2になりますね。

スポンサーリンク

ロゴ動画の作り方

ロゴ動画は以下の手順で作成しています。

  1. この記事この記事の方法を駆使してBlender(2.78a)で音声を除く動画の部分を作成し、納得がいくまでレンダリングし、MP4ファイルを作成します。
  2. 別に準備または作っておいた音声ファイルと手順1で作成した動画をAviUtlで合成し、MP4ファイルを作成します。take2用の音声としてmusagiでハイケンスのセレナーデ(昔の国鉄の寝台列車等で終着駅に到着する直前に鳴らされていた曲です。)を作成してみました。ハイケンスのセレナーデの音声の時間が短い(これでも引き延ばしたのですが、尺が足りませんでした。)のと、チップチューンの音声ファイルなので、曲の最初の耳ざわりがややきつくなってしまうので、効果音ラボのページから短い音声ファイルをダウンロードしてきて、先頭に挿入しました。

 完成したロゴ動画

完成したロゴ動画はYouTubeにアップロードしました。今後作成する動画の先頭にはこの動画が入る予定ですが、take3とか作り出してしまうとtake1と同様のお蔵入りな運命をたどるかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

この記事ではYouTube用のロゴ動画の作成例およびその作成方法について説明しました。Blenderの操作の手順が理解できていれば、2時間くらいで完成まで持っていけてしまう動画ではあります。

しかし、そこは操作手順が独特かつ複雑なBlender。

勢いで作っているうちは覚えていられるのでいいと思うのですが、そのうち忘れてしまうんだろうな感が半端なくあるのは、多分年のせいだけではないと思うので、メモっておく価値はあると思いました。

この記事は以上です。