シェラトン2階の「コンパス」で夕食。

By | 2022年8月14日

はじめに

テレワークだったにもかかわらず、時々なぜか呼び出されたりすることがある等いろいろなことがあった仕事がいい感じにひと区切りがついたので、「横浜ベイ・シェラトン ホテル&タワーズ」2階の「コンパス」で夕食とすることにしました。

スポンサーリンク

お店の前で待機

実は「コンパス」は年に1-2回くらい利用していて、今年(2022年)の3月に夕食を食べに来て以来となります。

「コンパス」の入口です(2022年3月に撮影したものです)。定番の料理(中華料理、ローストビーフ、デザート等)に加えて、日本各地(まれに海外)の郷土料理や名物料理等を扱う「〇〇フェア」(〇〇には地名が入ります。)をほぼ常時開催しています。

↑の写真を撮影した際も「北海道フェア」でしたが、今回も「北海道フェア」でした。

ということで、2階のお店の入口に行ってみると…

カーリングの赤色と黄色のストーンが1個ずつ飾られていました。🥌

垂れ幕の写真の方には青い色のストーンが写っていますね。

ちょっとブレてますが、北見の観光ポスターです。カーリングのストーンが見切れてます。

今まで見た中では最も賑やかなディスプレイでした。

食事

前回『木の花』で食事した時に入店時に株主優待券を使う旨を伝えていなかったことを思い出したので、席が空いているかどうか訊くついでに、


スポンサーリンク

🐼「(相鉄ホールディングスの)株主優待券は使えますか?」

と中の人に訊いたところ、

🤵🏻‍♀️「使えますよ。平日用ですよね?(ニッコリ)」

とのことでした。

平日用の株主優待券を使うと20%割引になります(使えない場合(別の割引が適用されている場合等)もあるので、事前に確認しておいた方が良いでしょう)。株主優待券はそれなりに利用されているようです(休日用の株主優待券は10%割引です)。

幸運なことに席が空いているとのことだったので、店内に入ります。

「コンパス」はCOVID-19が流行する前はブッフェテーブルから好きな料理を皿に取って運んでくるスタイルでしたが、COVID-19の流行に伴う一時休業を経て、現在はオーダー式のブッフェになっています。


スポンサーリンク

食事の開始時に渡される注文票に記載のQRコードをスマホなどで読み取って専用のWebサイトにアクセスし、そのWebサイトに記載の料理ごとに割り当てられた番号と数量を入力して注文する仕組みです。

メニューについてはタブロイド紙サイズのものが紙でも配布されます(↓の写真に写り込んでいるものです。)が、注文については上記のWebサイトから行うといろいろと捗る仕組みのようです。

食事を始めるにあたり…

「知床流氷サイダー」で乾杯です。🥂

なんか青色って最近流行っているんですかね(↓参考動画)…

乾杯後はさっそくお食事開始です。

料理は1人前ずつ注文していきます。

「北海道フェア」ですが、北見・網走・常呂の方の料理が中心のメニューでした。

「コンパス」に来た時にはいつも時間制限(120分、90分経過したところでラストオーダー)よりもかなり早くお腹いっぱいになってしまうところですが、今回はズワイガニを完食するまでに時間を要してしまいました。

中身がちょっと見えにくいですが、石狩鍋です。

鍋はもつ鍋と石狩鍋の二択でしたが、石狩鍋を選択です。

その他にもラーメンサラダやステーキ(ステーキは熱々でした。)をはじめいろいろといただいた後は…

締めの北見味噌ラーメンとケーキです。

ここのケーキはおいしいです。🎂

デザートの最後は北海道産のメロンです。

20%割引になると、金額が大きく変わりますね。

まとめ

「コンパス」へは当日に行くことにしたために事前の予約はしなかったものの、席が空いていて良かったです。

「北海道フェア」の後は「スペインフェア」が開催されるようなので、近いうちにまた行くつもりです。

この記事は以上です。