Universal Dining ONEでディナー。🍽

By | 2020年9月12日

はじめに

2020年8月に横浜市役所内にオープンしたラクシスフロントにある「Universal Dining ONE」で夕食をいただいてきました。

ラクシスフロントの2Fのちょっと奥まった場所にあります。たどり着くのが意外に難しいです。

スポンサーリンク

店内&景色

入口で体温の測定をした後、店内に入ります。

店内は↓のような感じです。新しいです。✨

夜景もきれいです。今までになかったアングルからの夜景が楽しめます。😀

↑の写真にもちらっと見えている通り、コスモクロック~インターコンチネンタルホテルヨコハマ~クイーンズタワー~ランドマークタワー~横浜クロスゲートがすべて見渡せます… と言いたいところですが、建物の角に店があるため、すべてを店内から見渡すのは難しいです。

テラス席からだと見渡すことができるかもしれません。

メニュー

主菜は肉料理または魚料理の中から1種類だけ選べるコースにしました。

前菜と主菜の選択肢がたくさん用意されているため、多彩な組み合わせが選択できます。

前菜

真アジとオニオンリングの香草パン粉フリットです。

とうもろこしの冷製スープです。凍らせたコーンの粒が入っていて、いい感じのアクセントになっています。また、牛乳を使っていないそうでスープ自体も濃厚な仕上がりです。

主菜

塩麹漬け骨付き仔羊のローストです。赤ワインとバイオレットマスタードソースとともにいただきます。少々羊肉特有のクセのある味ですが、おいしいです。

骨付きということでフィンガーボウルが登場しましたが、普通にナイフとフォークで骨から切り離すことができ、残さず食べることができました。

パスタ

〆のバスタです。選択可能です。

四万十川うなぎのブッタネスカです。四万十川うなぎというものをあまり見かけたことがなかったので、選択してみました。うなぎは小ぶりなものがパスタと絡められるように細かく切って入っていました。

実は自宅で自分が茹でるパスタがかなりおいしいような気がするので、自分で茹でるようになって以来よほどのことがない限り外でパスタを食べることがなくなっていたのですが、久々においしいパスタを自宅以外の場所で食べることができました。🍝

デザート

パイナップルのコンポートです。🍍

ライムの味がかすかにします。

スポンサーリンク

まとめ

窓際の席でもテーブルや席の間隔が広くとられていたので、時節柄、どことなく密な状態になってしまって落ち着かなくなるということはなさそうです。

行った当日はスパークリングワインのフリーフローをやっていて、窓際席はそれなりに他のお客さんもいたのですが、特に大盛り上がりとか大騒ぎということもなく落ち着いた雰囲気だったので、その点でもあまり神経質になることはなさそうです。

この記事は以上です。