1日10食限定の「ろくもん」ディナーコース@The MOON Restaurant

By | 2020年2月24日 , Last update: 2020年2月25日

はじめに

「特別展 天空ノ鉄道物語」と「未来と芸術展」を鑑賞した後は、森タワー52階の…

スポンサーリンク

The MOON Restaurantで「特別展 天空ノ鉄道物語」の開催期間中のうち後半の期間だけのディナーコースである…

しなの鉄道の115系改造の観光列車「ろくもん」のディナーコースをいただいてきました。

なお、タイトルにも書きました通り、ディナーコースは1日10食限定だそうです。

さっそく、いただきます。🍽

ディナーコースの概要等

長野県内を走るしなの鉄道の観光列車ということで、長野県産の食材を多めに使用している(100%ではない)ようです。また、「ろくもん」のディナーコースの提供期間に限り、ワインリストにない長野県産のワインが注文できるようです(※正確な情報または詳細については、お店に直接ご確認をお願いいたします)。

食前酒

ということで、食前酒です。

ルイナール ブラン・ド・ブラン(手前)です。

ルイナールをグラスで注文できるところはあまり記憶になかったので、思わず注文です。

前菜の盛り合わせ


信州サーモンのスモーク、佐久鯉のエスカベッシュ、茄子のトマト煮、信州ハーブ鶏のガランティーヌ、きのことチーズのフリッタータとカマンブルーです。

一品あたりの量は少ないようにも見えますが、かなりボリュームがあります。

本日のスープ


ブラウンマッシュルームのスープです。

魚料理


魚料理は中途半端な写真となってしまいましたが、シナノユキマスのチーズ焼きとほうれん草のペンネグラタンでした。

「シナノユキマスなんて魚いましたっけ?」と思いながらも、おいしくいただきました。


スポンサーリンク

ここで、ソムリエ氏のお勧めで、オレンジワインをいただきました。ロゼに次いで流行らせたいもののようです。

色はオレンジ色がかっていますが、味については以前2019年の元日に同じ六本木ヒルズのジョエル・ロブションで飲んだヤルデンに似た感じのすっきりとした味わいでした↓

(ここから参考ツイート)



(ここまで参考ツイート)

肉料理

スポンサーリンク


プレミアム牛サーロイン、長野県産メルローのソース、季節の野菜とモッツアレラチーズでした。

井筒の赤ワインと相性ばっちりでした。

デザート


フォンテンヌブローとリコッタチーズプリン

植木鉢に入った土の塊のような形のチョコレートです。割とおいしいです。

まとめ

The MOONは森タワー52階というロケーションであることから、景色は抜群のはず…

なのですが、当日(2020年2月16日)は夕方にかけて雲が低く垂れこめて視界が悪くなり、ディナーの時間帯には全く外が見えなくなってしまい、観光列車というよりは飛行機の中で食事をしている感じになってしまいました。

天空ノ鉄道物語コラボといえば、公式のWebサイトでも紹介されている(いた)通り、Cafe THE SUNの「天空駅カフェ Collaboration with 特別展 天空ノ鉄道物語」の方が目を惹くメニューが多そうではあったのですが、実はCafe THE SUN, The MOONともに過去に食事をしたことがあったので、The MOONの改装後は初めての食事となるThe MOONの「ろくもん」のディナーコースを選択した次第です。

この記事は以上です。

スポンサーリンク

References / 参考文献