相鉄の株主優待乗車券で行くロマンスカーミュージアムの旅(with 特別展示『小惑星探査機「はやぶさ2」の旅×ロマンスカーの旅』)(4/5: ジオラマパーク。)

By | 2021年9月17日 , Last update: 2021年9月25日

はじめに

ロマンスカーミュージアムの中の「ロマンスカーギャラリー」で2021年9月3日から7日まで開催されていた(特別展示『小惑星探査機「はやぶさ2」の旅×ロマンスカーの旅』、以下「はやぶさ2の特別展示」と書きます。)を見てきたついでに、ジオラマパークの巨大ジオラマも堪能してきました。

そこで、この記事ではジオラマパークについて書きます。

なお、この記事は以下の記事の続きになります。

  1. 1/5: 相鉄の株主優待乗車券の件はこちら。
  2. 2/5
  3. 3/5
スポンサーリンク

ジオラマパークの前に

ロマンスカーアカデミアIにあった下北沢駅の前後の区間(代々木上原-梅ヶ丘駅間)の複々線化区間の模型です。

Bトレインショーティーっぽい小田急の電車がトンネルのカットモデルの中に置かれています。

ジオラマパーク

新宿


ジオラマパークでは、小田急の沿線の風景が再現されていて、その中をロマンスカーを中心とした小田急の電車が走っています。

ただ、線路の主要なレイアウトについてはループ型になっておらず、列車よりは沿線の風景や雰囲気の再現をメインテーマとしているようです。

新宿駅の西口です。


スポンサーリンク

2021年7月に建て替えが発表された小田急百貨店の本館の隣に京王百貨店が鎮座しています。

ミロードやルミネもあります。

ヨドバシカメラもあったりします。

江ノ電

下北沢や相模大野のような駅の近くには…

鎌倉(高徳院)の大仏が鎮座していて…

鎌倉高校前駅に江ノ電の500形(2代目)が停車しています。

この江ノ電の線路とGSE車が走行している線路は独立したループ状のレイアウトになっていて…

3分間100円で走行させることができます(↑の写真は江ノ電用のものです。左側のマスターコントローラで操作します。右側のブレーキハンドルは使えません)。


スポンサーリンク

3分間の制限時間が終わると、江ノ電500形は鎌倉高校前駅まで自動的に戻ってきます。

試しに運転してみたところ、鎌倉高校前駅まで戻ってこれずにトンネルの中で止まってしまいました。

運転をしているうちに夕方の情景になってしまいましたが、江ノ島っぽい島です。

特徴はよくつかんでいると思います。中央に片瀬江ノ島駅があります。

なお、湘南モノレールはいい感じに省略されているようです。東急世田谷線はあったのですがねぇ。

海老名


写真が少々ブレてしまいましたが、海老名駅とロマンスカーミュージアムです。

ビナウォークと海老名中央公園です。


スポンサーリンク

「かなみん」が紛れ込んでいます。

大山

スポンサーリンク


大山観光電鉄のケーブルカーっぽいケーブルカーです。建物の位置関係などは雰囲気重視のようです。

大山阿夫利神社の下社のようなものが山の中腹に建っています。

箱根


一見東急のデハ3000形っぽくも見えますが、モハ2形(109号)のようです。

彫刻の森美術館のような施設です。

強羅と富士屋ホテルとスイッチバックです。奥にはケーブルカーの駅のようなものがあります。

ここの線路の部分には箱根登山鉄道の電車が時々やってきます。

芦ノ湖の模型もありましたが、夜モードになってしまったため、撮影ができませんでした。

芦ノ湖(の模型)の方から箱根湯本駅の方を撮ってみました。

ジオラマショー

ロマンスカーが主役になるジオラマショーが時々開催されます。

このショーにも下北沢が登場します。

ジオラマパークには座ることができるスペースがありますので、ジオラマショーの間はそこで座って暫し休憩です。

スポンサーリンク

まとめ

ジオラマが江ノ島や大山・箱根を強調しまくっているのを見ながら、(2006年くらいの頃の話ですが、)ふらっと旭川まで行ったときのことを思い出しました。

旭川駅を降りてすぐに入ったラーメン屋の中で、ビールを片手に持った若いロシア人っぽい女性の写真とともに、

「ここまで来たら サハリン地ビール🍺」

と書いてあって、「旭川からサハリンってかなり近いんだなぁ。」と思ったことを思い出したわけで、

「海老名から、江ノ島や大山・箱根まではあともう少しだから来てね。」

とジオラマが語りかけているような気がしました。

そこで…

箱根までは行けませんが、小田原まで行くことにしました。

きょう、ロマンスカーで。

この記事は以上ですが、次の記事に続きます。🚃